リターナブル方式とは 

レンタルウォーターサーバーには、リターナブル方式とワンウェイ方式の2種類に大別されます。 ここではリターナブル方式の特徴やメリット・デメリットについてご紹介しています。

リターナブル方式のウォーターサーバー

リターナブル方式のウォーターサーバーとは、サーバーにセットする水が入れられている容器がプラスチックのボトルで展開されているものをいいます。
「リターナブル(Returnable)」は「ボトルを再利用しますよ」という意味。
リターナブル方式のウォーターサーバーは水を使うとその分空気が入り、水を使い切るとボトルの中は空気のみになります。
使い終わったボトルは再利用するため、それぞれの業者が回収にきてくれるというシステムです。
一般的には12リットルのボトルを展開している場合が多く、その水の種類は各ブランドによって異なりますが、「ミネラルウォーター」やRO逆浸透膜システムを用いて濾過された「RO水」などを採用しているブランドが多いようです。
他にワンウェイ方式を採用しているブランドもあります。

 

リターナブル方式のメリット・デメリット

リターナブル方式のメリットとしては、ボトルを再利用することにより環境に優しく、またコストの面でもワンウェイ方式より安い料金設定となっていることがほとんどであるという点が挙げられます。
逆にデメリットとしては、水を使った分だけ空気がボトルの中に入ることから、空気中のほこりや菌などが水に触れてしまうという点。さらに回収待ちのボトルを保管するのに場所を取られてしまうという点でしょうか。
ただし、衛生面に関しては年に1回程度のメンテナンスサービスを行っているブランドがほとんどですので安心して利用することができるかと思います。

メリット
 ・環境に優しい
 ・比較的安い料金設定

デメリット
 ・水が空気に触れる
 ・ボトルの保管に場所を取られる

 

 

ウォーターサーバー口コミ人気ランキング
フレシャス
アクアクララ
プレミアムフジ

キュートなサーバーが人気

スタートアップパックあり

美味しい非加熱天然水