ワンウェイ方式とは 

レンタルウォーターサーバーには、リターナブル方式とワンウェイ方式の2種類に大別されます。 ここではワンウェイ方式の特徴やメリット・デメリットについてご紹介しています。

ワンウェイ方式のウォーターサーバー

ワンウェイ式のウォーターサーバーとは、サーバーにセットする水が特殊な軟質のボトルに入れられているものをいいます。
そのためワンウェイ式のウォーターサーバーは水を使ってもボトルの中に空気が入らず、水を使うたびにボトルが潰れていく仕組みになっています。
潰れたボトルは業者が回収してリサイクルされる場合もありますが、破棄するなど各自で処理する場合がほとんどのようです。
一般的には12リットルのボトルを展開しているブランドが多く、その水の種類は各ブランドによって異なりますが、「ミネラルウォーター」やRO逆浸透膜システムを用いて濾過された「RO水」などを採用しているブランドが多くなっています。
他にリターナブル方式を採用しているブランドもあります。

 

ワンウェイ方式のメリット・デメリット

ワンウェイ式のメリットとしては、使い終わった容器は各自処理であることが多いため保管に場所を取られない、また水が空気に触れることがないので衛生的であるという点が挙げられます。
逆にデメリットとしては、衛生面に問題が無いのでメンテナンス不要と謳っているブランドが多いという点でしょうか。
毎日の生活の中で使用するものなので決して全く汚れないということではないはずです。そのためメンテナンスが不要である必要はないと思います。
衛生面が気になる人は、ワンウェイ式でかつメンテナンスを行ってくれるブランドを探すといいでしょう。

メリット
 ・ボトルの保管に場所が取られない
 ・水が空気に触れないので衛生的

デメリット
 ・メンテナンスサービスを行っていないブランドが多い

 

 

ウォーターサーバー口コミ人気ランキング
フレシャス
アクアクララ
プレミアムフジ

キュートなサーバーが人気

スタートアップパックあり

美味しい非加熱天然水