中硬水とは 

中硬水とは水の硬度を示す指標の一つです。
ここでは軟水と硬水の中間となる中硬水の特徴について詳しくご紹介しています。

中硬水(ちゅうこうすい)

中硬水(ちゅうこうすい)とは水の硬度の一つです。
WHO(世界保健機構)が定める飲料水水質ガイドラインでは、1リットル当たりに含まれるカルシウムやマグネシウムが60mg~120mg以下の水のことを指します。


普段、私たち日本人が飲みなれている軟水はクセが無いため飲みやすい水ですがミネラル成分は硬水ほど多く含まれていません。
逆にミネラル成分が豊富に含まれている硬水はクセがあるため飲みにくいと感じる人が多くなっています。
この中硬水はこれらの中間に位置する水なので、軟水よりもミネラル成分が多く、硬水よりもクセが無く飲みやすい水になっています。
繊細な味が決め手となる料理よりも煮込み料理などに適していますが、マグネシウムやカルシウムなどの摂取を目的とする場合はそのまま飲用する方法がベストでしょう。

 

ウォーターサーバー口コミ人気ランキング
フレシャス
アクアクララ
プレミアムフジ

キュートなサーバーが人気

スタートアップパックあり

美味しい非加熱天然水