水の硬度とは 

水には「硬度(こうど)」と呼ばれる指標があります。
ではその硬度は一体何を基準にし、またその硬度によって何が変わってくるのでしょうか?
ここでは「水の硬度」についてご紹介します。

硬度(こうど)

水には「硬度(こうど)」と呼ばれる指標があります。
これは、水のカルシウムとマグネシウムの含有量によって決定されるもので、WHO(世界保健機構)が定める飲料水水質ガイドラインでは、1リットルの水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムが60mg未満を「軟水(なんすい)」、60~120mg未満を「中硬水(ちゅうこうすい)」、120~180mg未満を「硬水(こうすい)」、180mg以上を「非常な硬水」と区別されています。
この硬度は下記の計算式で表すことができます。

 硬度=(カルシウム量x2.5)+(マグネシウム量x4.1)


本来「硬度」は工業用の指標として知られていました。これは、カルシウムやマグネシウムが多く含まれている水ほど結晶化しやすく、この水によって配管を詰まらせたりするからです。
しかし近年では特に水を飲む習慣が普及していることから、飲むための指標として知られるようになっています。

硬度の違い

硬度が異なることで、性質や味、効果にも違いが出てきます。
ここではそれぞれの特徴を簡単にご紹介していきます。

軟水
日本人に馴染みのある軟水は、口当たりがまろやかという特徴があります。
クセがないので飲みやすく、旨みを引き出すので和風の煮物や炊飯、また緑茶や紅茶を淹れるのに適しています。
石鹸などの泡立ちも良いので、洗浄や洗濯も軟水が向いているといえるでしょう。
 軟水の詳細ページを見る

 

中硬水
軟水と硬水の中間にある水。
軟水の飲みやすさと硬水のミネラル分を両方適度に持ち合わせています。
ミネラルは摂取したいけど、硬水は飲みにくくて苦手・・・という人には中硬水をオススメします。
 中硬水の詳細ページを見る

 

硬水
硬水はミネラルを豊富に含んだ水のこと。
西洋などの地域で多くみられるのがこの硬水です。クセが強いため飲みにくいと感じる人も少なくないでしょう。
ミネラル成分により、カルシウムの補給や便秘の解消に効果があります。また、灰汁が出やすくなるので西洋風の煮込み料理に適しています。
石鹸の泡立ちが悪いのも特徴の一つとして挙げられます。
 硬水の詳細ページを見る

 

 

ウォーターサーバー口コミ人気ランキング
フレシャス
アクアクララ
プレミアムフジ

キュートなサーバーが人気

スタートアップパックあり

美味しい非加熱天然水