水道水とは 

ほとんどの家庭で利用されている水道水。様々な用途で使用されていますが、飲用のために利用している人は少ないかもしれません。
ここでは水道水についてご紹介しています。

水道水とは?

   
水道水とは一般的に「上水道を経由して出てくる水」のことを指します。
湖、川、地下水などを原水とし、浄水場で処理された後にそれぞれの家庭に届けられている場合がほとんどです。
日本では水道法で「蛇口をにねった段階で1Lにつき塩素0.1ppm以上の濃度を保っていること」が義務付けられており、家庭に届けられる水道水は多少のカルキ臭を感じるものの安心して飲むことができるようになっています。
しかし、湖や川、地下水などの原水にカビや生活排水、工場排水が流れ込んでしまったり、塩素では殺すことのできない菌が紛れていたり、配管にこびりついたサビから鉛が溶け出してしまったりと、トラブルが生じてしまうことも多くなっています。
さらに、マンションやアパートなどでは水を大量に貯水して、各部屋に配水するシステムがとられている場合がほとんどですが、この貯水タンクの衛生管理が適正でなかったり、配水管が腐食していたりすると、知らない間に汚れた水を使用しなければならない、ということになります。

また、殺菌処理の段階で大量に用いられる塩素によって発がん性があるとされている「トリハロメタン」が生じてしまうことも危惧されています。
他にも、塩素が含まれた水道水で野菜やお米などの食品を洗うことによってビタミンの1割から3割に損失を与えるとされています。
食品の栄養素にまで影響を与えてしまうとなると、使用するのも少し気が引けますね。
こういったデメリットから、ミネラルウォーターを飲む人が増えるのと同時に、水道水を飲料として使用する人が年々減っていると考えられます。

 

ウォーターサーバー口コミ人気ランキング
フレシャス
アクアクララ
プレミアムフジ

キュートなサーバーが人気

スタートアップパックあり

美味しい非加熱天然水