RO水とは

レンタルウォーターサーバーの会社を比較しているとRO水という単語をよく目にすると思います。
安心・安全なRO水と紹介されていますが、ではどんなシステムで作られた水なのでしょうか?
ここではRO水についてご紹介します。

RO水

RO水とはアメリカで開発された「逆浸透膜」というシステムを用いて濾過された水のことを指します。
ここで用いられている「逆浸透膜」とは、半透膜に浸透圧と逆らうように大きな圧力をかける仕組みで、本来の浸透する力に対して逆の圧力をかけて水を濾過します。
逆浸透膜を用いて水を濾過することで、水に含まれる様々な不純物や細菌、ウイルス、重金属類、トリハロメタンなどの有機塩素化合物もほぼ完全に除去された、純度99.99999%の水を作り出すことができます。
海水の淡水化などに用いられているシステムでもあります。 また、ヨウ素やセシウムなどの放射性物質を除去することも可能だとされており、注目を集めています。
つまり、この逆浸透膜システムというのは、非常にきれいで安全な水を作ることができるシステムなのです。

そして、この逆浸透膜システムを用いて濾過された水を「RO水」と呼びます。
この「RO水」を用いたレンタルウォーターサーバーブランドが近年は非常に多くなっています。
ただし純粋な水(H2O)は口当たりが良くなく、また不純物などと一緒に身体に良いミネラルなども取り除かれてしまうため、多くの会社がこのRO水にミネラルなどを加えて飲みやすい水へと仕上げられていることがほとんどのようです。


 

 

ウォーターサーバー口コミ人気ランキング
フレシャス
アクアクララ
プレミアムフジ

キュートなサーバーが人気

スタートアップパックあり

美味しい非加熱天然水