海洋深層水とは 

ミネラルウォーターが普及するのと同時に知られるようになったのがこの海洋深層水です。
海洋深層水とは、一体どんな水なのでしょうか?
ここでは海洋深層水について詳しくご紹介しています。

海洋深層水

海洋深層水(かいようすいんそうすい)とは水深200mより深い深海に分布する海水のことをいいます。
飲用としてはもちろん、医療や美容の分野においても注目を集めている海洋深層水。

水深200m以上の深海で取水される海洋深層水は、陽の光が届かず表層の海水とは混ざらない深さの海水で、全海水量の約95%を占めているとされています。
生活排水や工場排水など汚染された河川の影響を受けず、また陽の光が届かないのでプランクトンが発生しないことから他の雑菌も少ないため無機栄養塩類が豊富で、清浄性に優れています。
また、深い海の底には太陽の熱が届かないため年間を通して水温が安定しており、これは水質にも変化が少なく安定しているということを意味します。

つまり、海洋深層水とは低温安定性・清浄性に優れ、豊富なミネラルと栄養素を含んだ水ということです。
この海洋深層水の取水地としては、北海道、岩手、山形、宮城、富山、石川、福井、千葉、神奈川、静岡、三重、高知、兵庫、鹿児島、沖縄などが挙げられます。



 

 

ウォーターサーバー口コミ人気ランキング
フレシャス
アクアクララ
プレミアムフジ

キュートなサーバーが人気

スタートアップパックあり

美味しい非加熱天然水