水と健康 

水は人間の身体に欠かすことができないとされていますが、ではどのようにして人の身体に関係しているのでしょうか。
ここでは水と身体の健康についてご紹介しています。

水と健康の関係

水を飲むということと健康は大きく関わっていていますが、近年は特にその効果が注目されています。
健康のために水を飲む習慣を身に付けるようにしている、という人も少なくないのではないでしょうか?

一般的な日常生活で体から出て行く水分の量は約2L以上とされているので、一日に1.5L~2L以上の水分を摂取する必要があるということはよく知られています。
しかし水の摂取量は平均すると不足の傾向にあるようで、平均的にはコップの水をあと2杯飲むことで一日に必要な水分量をおおむね確保できるとされています。
こまめに水分を補給するということは非常に重要で、体の水分が少しでも不足してしまうと激しいのどの乾きや脱水症状を引き起こしてしまうこともあります。
また、体の中の水分が不足することで血液が粘り気を持ち、脳梗塞や心筋梗塞などの疾患を引き起こす原因となることもあるため注意が必要です。

厚生労働省でも「健康のために水を飲もう推進運動」が実施されています。寝る前、起床時、スポーツ中及びその前後、入浴の前後、そしてのどが渇く前に水分補給を心がけることが重要としています。

   

 

ウォーターサーバー口コミ人気ランキング
フレシャス
アクアクララ
プレミアムフジ

キュートなサーバーが人気

スタートアップパックあり

美味しい非加熱天然水