ウォーターサーバーとは

近年注目を集めている「レンタルウォーターサーバー」。
このレンタルウォーターサーバーの主なサービス内容や、その特徴、リターナブル式とワンウェイ式の違いなどについてご紹介します。

ウォーターサーバーについて

近年、「レンタルウォーターサーバー」という言葉をよく耳にするようになりました。
このウォーターサーバーとは、サーバーにボトルをセットすることでいつでもミネラルウォーターを飲むことができるという給水機器で、電力を必要とします。
ウォーターサーバーの構造はそれぞれの会社で異なりますが、一般的には温水と冷水を利用できるものがほとんどのようです。

 

ウォーターサーバーはサーバーに水が入ったタンクをセットすると、そのサーバー内に一定量の水が冷水と温水に分けて貯められます。
そしてその水が減ると自動的にタンク内の水をサーバーへ補充し、いつでも温水・冷水を利用することができるという仕組みです。
タンクに入った水を全て使い切ってしまった後はタンクを取り外し、再び新しい水が入ったタンクをセットします。
一般的に、冷水は5度前後、温水は90度前後に設定されていることが多いようです。

少し前ではオフィスや店舗などでよく見かけていましたが、最近ではその利便性や、必要な電気代は月々1000円前後と電気ポット並みであるといったことから一般家庭での利用もすすんでいます。
また、水自体のお値段も、1リットルあたりの価格は120円~130円程度とペットボトルなどのミネラルウォーターよりも安価である点や、重い水をわざわざ買わなくても自宅の玄関まで宅配してくれるという点もウォーターサーバーが利用される魅力的なポイントといえるでしょう。

ウォーターサーバーにはリターナブル方式ワンウェイ方式のどちらかを採用しているブランドに大別されます。
それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで、自分の部屋やライフスタイルにぴったりと合ったウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。

 

 

ウォーターサーバー口コミ人気ランキング
フレシャス
アクアクララ
プレミアムフジ

キュートなサーバーが人気

スタートアップパックあり

美味しい非加熱天然水